Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

更新日:

こんにちは!
今日お話しするのは「失敗せずに中古マンションを売る方法」に関してです。

 

ここ数年、私のもとにも多く相談が寄せられてきました。建築家という職業柄、不動産への知識もあったため、友人や親戚からの相談されることが多かったのです。

今日は中古マンションを失敗せずに売却するための3つのルールをシェアしたいと思います。

 

売却に失敗した友人たちから学ぶ、成功のカギ

マンション売却は一人ではそう何度も経験できないものですから、他人の失敗例を参考に売却計画を進めていくことが大切です。

失敗例:
売却に失敗した同級生

大学のラグビー部の同級生で、大手銀行勤務の三浦幹夫氏の失敗例を見てみます。
(※友人のため一部名前を変えています)

三浦氏の場合は、いわゆる転勤族で、地方で支店長から出世して東京勤務になったため、購入していたマンションを売却して、東京に新居を購入したいと考えていたようです。

近場の不動産屋に相談して、提示されたままの1500万で売却。転勤までの日数も1ヶ月しかなかったこともあり、そのまま即決したそうです。もともと3100万で購入したマンションが、半値以下。

あまりの安さに驚いた私が、知り合いの仲介業者に確認すると本来は2600万くらいが適正価格とのこと。売却の時期次第では購入価格と同額か、それ以上になるかもとのこと。

失敗の要因は2つ

これらの原因が、安く売ってしまった要因として大多数を占めています。

三浦氏の場合の、1100万もの査定額の差は、大きすぎますよね。

 

マンションの売却で失敗しないための3つのルール

マンション売却の相談を受けているうちに、失敗せずにマンションを売却するための3つのルールが見えてきました。

売却が得意な不動産業者・仲介業者を選ぶこと

街の不動産屋に売却の依頼をすると失敗する人が多いようです。理由は不動産屋にも得意・不得意があるからです。

売るのであればマンション売却に得意な不動産屋、もしくは仲介業者に相談しましょう。間違っても賃貸契約が得意な不動産屋には相談しないことです。

営業の腕や宣伝の方法が下手だと、売却価格が何百万円も安くなってしまいます。

時間に余裕を持って、売却時期を考慮する

お盆や年末年始、ゴールデンウィークなどカレンダー上の長期休暇の時期は、マンションの購入者が多くなり、高くマンションを売却できる場合が多いのが特徴です。また3月、9月などの会社員の転勤が多くなる時期もお勧めです。

さらに、売却予定のマンションの近くに、新築マンションの建設予定があれば、売却価格が下がる可能性がありますし、反対に新駅や大型のショッピングモールなどの建設があるならば価格が上昇する場合もあります。

こういった情報は、不動産屋や仲介業者が持っています。積極的に質問してみましょう。

「今」の査定額を早く知ろう!
このように自分の持っている物件の査定額は変動します。まずは「今」の査定額がいくらなのかを知ることが非常に重要なんです。それが基準となり、上がった・下がったを判断できるため、「もう少し時間ができてから査定をお願いしよう…」とためらうのは損をしてしまいます。早急に自分の物件の「今」の査定額を算定することをお勧めします。

※私が実際に物件査定しお勧めできる査定サービスを下記で紹介してます。

3ヶ月売れないなら、他の業者へ変更すること

不動産屋や仲介業者の営業の腕次第で、マンションの売却が決まる場合も多々あります。3ヶ月経過してもマンションが売れない場合、他の不動産屋・仲介業者を探すようにしましょう。

だらだらと長引くのはマンションの売却価値を下げてしまうことにもなりかねません。

 

一括査定ができるスモーラがお勧め

自分の足で不動産屋や仲介業者を訪問するのは、よっぽど時間に余裕がある場合を除き、お勧めできません。何軒もまわって、「マンション売却が得意なのか」「売却の査定額は適正なのか」を見極めるには時間がかかり、その間に売却の適正時期を逃しかねません。

オススメは「Smoola(スモーラ)」で一括査定することです。

一括査定すると、査定額の高い業者や低い業者がひと目で分かります。また、連絡がマメな業者や、丁寧な業者がすぐに判別できます。

連絡が遅かったり、接客が悪い業者は、売却の腕も悪いことが多くお勧めできません。熱心な担当者にお願いしましょう。

 

査定額が高いだけで飛びついてはダメ!担当者の態度を見て!

しかし査定額が高いからと言って、すぐに飛びついてはいけません。

査定額を高く設定すると、売却者(あなた)はそれに飛びつきやすいため、査定額を高めに設定する業者もいるからです。査定額が高くても、売れなければ意味がありません。大切なのは売り込む営業担当者の腕です。

一度電話で話したり、会ってみてその営業者さんの人柄を見ましょう。連絡はマメか、接客態度は丁寧か、一生懸命売り込んでくれそうかなど、担当者のスキルを見極めることに時間を割くのが賢明です。これまでの販売実績などを聞いても良いでしょう。

仮に査定額が低額だった場合でも、腕のいい担当者だと判断したなら、査定額が上げられないか相談してみることもできます。それくらい担当者の腕にかかっているのです。

 

まとめ

マンションの売却は人生に何度もあることではありません。

失敗しないためにも、売却の担当者の「スキル」が非常に重要です。一社一社、不動産業者や仲介業者を訪問して自分で見分けることもできますが非効率です。

無駄な時間を割くよりも、「一括査定」で売却予定のマンションを査定してもらい、時間を節約しましょう。そして節約した時間で、担当者にスキルがあるかを見極める方が、限りある時間を賢く使えるでしょう。

スモーラ無料で一括査定できます。

無料の一括査定の登録はいろいろな企業が提供しているのですが、無料でクオリティーの高い査定をしてくれるところはあまり多くないんです。スモーラは、マンション売却に特化した担当者しかいません。

↑こちらから査定すれば、無料で一括査定の申し込みができます↑

以前にも、スモーラで無料一括査定した後、知り合いの不動産にも同様に査定してもらったところ、査定額にほぼ違いがなかったのも信頼のおける理由です。

売却の適正時期を逃さないためにも、早めに査定をしてみることをお勧めします。

 

最後に…

自分の持っているマンションを売ることは、人生で何回もあることではありません。

そのため、一括の査定を無料で行ってくれる今のうちに、ぜひ査定をしてみてください。
スモーラの無料査定はプロの専門家が担当するため、無料査定を受け付ける上限数があります。いつまでも無料というわけではないんです。

初めてのマンションの売却って不安かもしれません。でも、

無料で
プロの専門家集団が一括で査定してくれる
のうちに
ぜひスモーラで査定額を算定して損のない売却をしてください。

後悔はしないですよ。

↑こちらから査定すれば、無料で一括査定の申し込みができます↑

-未分類

Copyright© ヘルポスト , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.